初心者が考える「メンズファッション」

メンズファッション(室内)

確かに、大人の男性と呼ばれる方はスーツが似合うと言うイメージがありますが、休日までスーツでいる方はいないでしょう。

休日のファッション

土曜や日曜、祝祭日は会社員として働く男性もスーツ姿になる必要はありません。休日出勤なら残念ながらスーツになると思いますが、休みなら逆に浮いてしまうのではないでしょうか。この浮く、という現象が起きてしまった場合、それはもう「大人」の男性としては、どうかと思います。

家にいるならTPO似合わせた格好をしていないと、浮いてしまうのです。TPOとは、時(time)、所(place)、場合(occasion)に応じた服装などの使い分けを意味する和製英語です。つまり、休日で家の中と言う場合に、スーツ姿ではおかしいと言うことです。でも、休日で誰とも約束はないし、雨で家にいるのだからと、ずっとパジャマ姿でうろうろするのは「大人」な男性としてもおかしいと思いませんか。

部屋、自宅でくつろぐときのメンズファッションコーディネートを考えてみましょう。これは、普段のファッションセンスが問われます。

まずは、パンツ(ズボン)これはジャージやチノクロス製のパンツ(チノパン)でもいいでしょう。しかし、あまりフィットしすぎるのも、くつろぐという場合には適さないと思うので、少し大きめの物を着るのもいいと思います。そこで、ラフでもおしゃれに着こなせるサルエルパンツが男女間で人気になっています。女性からしてみると、ライダースをメンズがきこなしているなんて結構高得点です。ただし、ベルトはちゃんとつけましょう。それだけでも、下がることはなくなるので、だらしなく見えることもなくなると思います。また、スーツにつけるような味気ない物よりは、少しカジュアルなものにしたほうが、かっこいいと思います。カジュアルなのにキレイめファッションで人気なのが海外ブランドのN.HOOLYWOODやKURO。うまくポイントでコーディネートするといい感じになりそうですね。
※着物などは別として、男の和柄や和装小物は意外と女子ウケがそこまでよくないが多いので要注意!

夏ならTシャツやポロシャツでもいいと思いますが、部屋の中にいても寒いでしょうし、季節的にシャツを着たり、重ね着をする場合もあると思います。家の中にいるのでしたら、簡単に羽織れるものがいいと思います。家の中だと、窓を開けない限り、冷たい風は入ってこないでしょうから、しばらくすれば、暖かいと感じることはなくとも、寒いのにも慣れるでしょう。また、寒いなら、それなりの暖房器具を使ったり、セーターを着るのもいいでしょう。夏ならTシャツと考えてると自分が考えて見たデイザをTシャツにするためのオリジナルTシャツ作成オリジナルTシャツ・クラスTシャツのプリント専門店も一つのファッションです。

また、Tシャツに関しても、首回りが伸びていたらだらしなく見えてしまいます。Tシャツは手軽に着れるのが魅力ですが、大量生産された場合は、洗濯に弱い場合が多いので注意しましょう。セーターは男性に人気のものは、V首で黒やアイボリーなどの無彩色に近い色の無地が人気のようです。今の傾向は、「simple is best」なのでしょうか?セーターに関しては、アメリカンカジュアルなどを除いてもいいかもしれません。

女性でワンピースを部屋着として着てる人がいます。夏の熱い時に寝間着としてはいいかもしれませんが、起きてからもワンピースをずっと着ているのはどうかと思います。これは人それぞれの意見があるので ワンピースを部屋着とするのはいけないと言うのはきっぱりとは言えないのですが、ダラダラはダメなんではないでしょうか。

あなたは家の中で靴下を履くほうですか?履くと答えた人は、室内でのソックスなら、少し厚手のものがいいと思います。いつも会社に履いていくようなものは薄いのが多いと思いますが、室内でしかも寒い時期なら厚いもののほうが逆にいいと思います。ただ、厚手というだけで決めないで、できるだけ履き心地がいい物を選びましょう。人によっては履き心地というのは変わってきますので、どれがいいとは一概に言えませんが、あなたが手触りがいいと思ったのがいいのではないでしょうか?

外に履いていくなら、踝のところでカットされたタイプは止めましょう。あれは「大人」の男性としては、あまりオススメできません。また、もこもことしたタイプもあまりいいとは良いとは言えません。しかし、室内で着るというなら、逆にいいと思いますし、人気もあるようです。

check

北千住で人気の脱毛サロンランキング