初心者が考える「メンズファッション」

革靴(ビジネスシューズ)

革靴(ビジネスシューズ)は通勤や営業などのときに、会社員がはく靴のことです。

革靴(ビジネスシューズ)を履きこなす

「スーツ」のページを呼んでくれた方の中で、勘の良い方ならなんとなく想像つくと思いますが、もちろん管理人は革靴(ビジネスシューズ)もあまり好きではありません。理由としては、動きにくいし、履きなれていないために靴擦れを起こすからです。スーツに合うブランド時計、フランクミュラー、パネライ、ブライトリングなどは大好きなのですが 笑 どちらも、慣れだとは思いますが、それでも好き嫌いは変わらないと思います。

さて、管理人のどうでも良い好みはここまでにして、本題に入っていきましょう。

革靴(ビジネスシューズ)基本的に革靴(ビジネスシューズ)は、スーツのセットみたいなもので、毎日スーツを着て会社に行くと言う方は、毎日革靴(ビジネスシューズ)を履いていると思います。しかし、何日も同じ革靴(ビジネスシューズ)ばっかり履いていると、汗や雨などによって痛みが早くなりますし、汚れもひどくなります。スーツをビシッと決めて商談に行っても、その商談相手は、頭のてっぺんからつま先まで見るような人だったら、靴を見られた瞬間にマイナスイメージを与えてしまいます。

このようなことを避けるためにも、革靴(ビジネスシューズ)は2足ほど用意して、交互に履くようにしましょう。それなら汚れ方もゆっくりになりますし、汗や雨などは使っていないときになくなります。ただ、革靴は靴箱に入れておくと、臭いがしてきますので、できるだけ、涼しくて風通しが良い日陰に置いて置くのをオススメします。必要に応じて、臭いが取ることができるスプレーなどを使うのもいいかもしれません。ただし、それによって、革靴は縮むこともありますので、外側に掛けすぎないようにしましょう。

また、基本的なマナーとして、革靴(ビジネスシューズ)はキレイに磨いてあるという事がありますので、汚れてきたら、革靴(ビジネスシューズ)を磨いておきましょう。手順は、まず全体をブラシなどを使って、靴の表面についたホコリや泥汚れなどを落とします。次にクリーナーなどを使ってきれいに磨きましょう。基本的に、クリーナーは靴の栄養補給などに効果があり、それ使うことによって、靴を長持ちさせることができます。

靴全体の日常の手入れは、乳化性クリームなどで行います。油性のワックスは、光沢を出したい部分などに、使いますが、革の呼吸を阻害してしまいますので、頻度は少なめにしましょう。他にも、いろいろなクリームはあると思いますが、とりあえず、この2種類さえ分かれば大丈夫でしょう。

靴の色は基本的に、スーツやベルトに合わせるものですから、黒や紺などが普通で、稀に茶系などになると思います。たまに白い革靴(ビジネスシューズ)を履いた「ヤ」のついた商売をしている方もいらっしゃるようですが、その方たちは例外です。いわゆる、普通の会社では、おそらく浮いてしまい、逆にひんしゅくを買ってしまうと思います。それは、もうオシャレという問題ではなく、常識と言う問題なので、注意しましょう。

また、新社員と言う方は、革靴(ビジネスシューズ)はまだ不慣れでしょうから、安めの革靴(ビジネスシューズ)から使用するのをオススメします。また、革靴(ビジネスシューズ)は歩くためのものですが、不慣れなので、靴擦れを起こすこともあるでしょう。しかし、今は我慢しましょう。履きやすく、歩きやすく、靴擦れを起こしにくい革靴(ビジネスシューズ)を早めに見つけることが、ビジネスマンの第一歩です。まずはそのような革靴(ビジネスシューズ)を手に入れて、ピカピカに磨いておき、ビジネスシューズを履きこなそう。

recommend

観葉植物を通販で購入