初心者が考える「メンズファッション」

スーツ

男性は、基本的に会社に行くときにはスーツを着ていると思います。そのスーツもいろいろあります。

スーツを着こなす

管理人は、基本的にスーツが嫌いです。動きずらいし、暑苦しいし、めんどくさいの悪い3拍子がそろっていると思っています。しかし、意味が無いほど、スーツに関する知識は持っているので、少しうんちくを語っていきましょう。

スーツには基本的にAタイプとYタイプ、ABタイプとBBタイプがあります。これは、その人の体型による判断となります。標準の方がAタイプとなり、Yタイプはやや細身、ABタイプは少しゆとりが多いAタイプ、BBはゆとりがあるスーツのことを言います。これは、身長とベルトより少し上の胴回りを測ることで分かります。スーツを選ぶときには、基本的に身長と胴囲というのが、サイズの所に書いてあるので、それを探してみましょう。

次に、ボタンの数ですが、これはあまりこだわらなくてもいいのですが、外回りが多い方は2つボタン、事務所内での仕事が多い方は3つボタンが良いとされていて、新入社員、就職活動中なら3つボタンと言われています。ちなみに、太り気味の方は2つボタンだと少し痩せて見えることが多いそうなので、試してみてはどうでしょうか。2つボタンの場合は上1つだけを、3つボタンの場合には、中1つだけをボタンで留めるのが普通だと言われています。

スーツ袖口には、チラッと中のシャツが見える程度にしましょう。少しはみ出ていると言うのが見えると言う感じになるのが基本です。そのため、一緒にYシャツを買う人も少なくはないのではないでしょうか。このような、ポイントは社会人としての常識ですから覚えておきましょう。どうしても、自分に合うシャツが無いときは、オーダーメイドという手考えられしますが、やはりその分高くなるので、店員と相談してみましょう。
また、最近ではコスプレファッションなどもはやっていて個性が光る時代とも言えるのではないでしょうか。

パンツの丈は、長すぎず短すぎないこと心がけましょう。長すぎる裾は、ずるずると引きずって今いますし、短すぎる裾は、靴下が見えてしまいます。ちょうどいいサイズとは、裾が裾が足の甲に当たって、かすかに折れ曲がるというくらいでしょうか。それと、ウエストはピッタリよりも少し大きめの方がいいと思います。人は食事をしたときが、最もウエストが大きくなるので、そのときを想定して、少し大きめの物を選ぶようにしましょう。

ただし、あまりウエストをゆったりさせすぎると、お腹が減りやすくなるらしいですから、その辺のさじ加減に注意しましょう。俗にいう「指が○本入るくらい」というのがちょうど良いと考えてもらうといいでしょう。

最後に、あなたの姿勢を見てみましょう。日本人はあまりスーツと言うものはあまりに合わないと言われていますが、これは日本人が猫背の方が多いせいなのです。背中を丸めずにしっかり伸ばして、胸を張りましょう。猫背だと疲れているようにも見えるので、かっこいいと言う感じはしないのです。スーとを着るときは、若干いつもより姿勢を正してみましょう。それだけで、シルエットも良く見えるはずです。特に新社会人の方は、猫背で、先輩や上司の方へマイナスイメージを与えないようにしましょう。

以上のことを注意しましょう。基本的なことも多いのですが、これが「大人」の男性への第一歩です。どんな些細なことでも、少し心がけるだけで、雰囲気は少し違って見えるものなのです。

Valuable information

2017年最新版!口コミで話題のオーディオ買取サイト厳選Best5!